分かりにくいマーケティング活動の全体像を図解にしてみた!

「マーケティング」という言葉には、いつも困ってしまいます(´Д`)

人によって「マーケティング」というものの解釈が違うから、同じ話をしていたつもりが、いつも微妙に話がズレていくからです。

・ある方は、市場調査という意味でマーケティングの話をしています。
・別の方は、Webページをつくるという意味でマーケティングの話をしています。
・また別の方は、広告を出して集客するという意味でマーケティングの話をしています。
 

一体、どうすりゃいいのよ。どれが本当のマーケティングなの?
そんな時はこの記事を読んで、お互いの現在地をつかみましょう。
今回は、全体像が見えないから分かりにくいんじゃね?・・・ていうお話です。

 

マーケティング活動の「全体像」を図解してみた!

さて、マーケティングには色んなアプローチ、色んな理論がありますね。
コトラー、ドラッガー、レビットのような大家と呼ばれる方や呼ばれない方。
色んな人が、手を変え品を変え、抽象化して分かりやすく説明してくれています。
 

みんな本質的には、同じようなことを言っているんでしょうけど、無理やり翻訳してるからなのか、抽象的過ぎるせいなのか、僕がポンコツだからなのかどうもピンと来ません。

いや、言ってることは分かるんすけど、自分の日常に当てはめにくいっす・・・的なね。
(※あくまでも「僕は」…です。)
 

そんな中で一番しっくり来て数年多用しているのが
「マーケティングとは顧客に価値を提供するすべての事業活動」
という言葉です。…そう全ての活動です。価値を提供するための。
 

だから、さっきのは全部本当。
市場調査もWebページの作成も広告出して集客することも全部マーケティングです。
みんな、ちゃんとマーケティングの話をしてました。価値を届けるためにやってるのだから。
じゃあ、何が問題なのか?
 

問題なのは、それらを断片的に捉えてしまっていることなんです。
それらの活動はバラバラにやっても、実はあんまり意味がありません。
「目的」⇄「手段」というように体系的に組み立てることで、本当の力を発揮します。
 

そうは言っても、組み立てるためには全体像が分かる設計図が必要ですよね。
たぶん、その全体像がないから訳わからんことになるんだと思うのです。

そんな訳で、でで~ん!!と全体像の図解をつくってみました。
抜け漏れはあるものの、だいたいこんな感じです。
ピラミッドの上から下に流れるので、上から順番に見てくださいね。
(クリックすると大きく表示されます)

 

 
言いたいことは一つ。上から順番に考えよう!

全体像を見ると、そんな複雑でもありませんよね。考え方はとってもシンプルです。

どこを見ても、一つ上の概念の達成を「目的」とした「手段」として機能します。

↓ ・より良く生きる為に、理念を持った事業を行う
↓ ・理念を実現する為に、「誰に」「何を」提供するか(基本戦略)を決める
↓ ・基本戦略を実現する為に、「売り物」や「売り方」(実行戦略)を決める
↓ ・実行戦略を実現する為に、明日○○をする(実行)

・・・みたいな感じで、すべての事業活動は理念から日々の行動まで繋がっています。
 

ピラミッドの下に行くほど、活動の幅が広がるので、上から下に流れるのが合理的です。
戦略をつくって、その戦略に沿って活動を展開していく…ということです。
これが逆になると、必ず破たんします。(詳しくはまた別の記事で書きます)
 

名刺やホームページ作ったけど、「ターゲット」が決まってないというのは変ですよね?
ターゲットが決まっているから、名刺やホームページの役割が最大限に発揮されるんです。
商品の仕入れや値付け、広告宣伝や営業活動もすべてそうです。上から順番。

 

考え方はシンプルで、それほど複雑ではありませんが、「考え方」の考え方にはちょっとコツがいります。理論というかノウハウというか。

なので、今後この図解を念頭にその理論やらノウハウを出来るだけ分かりやすく、そして、出し惜しみなくちょいちょい公開していこうと思ってます。

信念や理想をもってビジネスに挑む小さなビジネスの起業家がやりたいことをやるために、ちょっとでも参考になれば嬉しいです(^_^)

では、また。

 


【筆者プロフィール】 
福岡県北九州市で、信念や理想をもってビジネスに挑む起業家の「努力の方向性」を整える支援をしています。キャリア・コンサルティングと戦略的マーケティングを掛け合わせた筆者独自の手法を開発。小さなビジネスに必要なのは、専門家しか分からない「ナントカ戦略」ではなく、理想の未来への道しるべとして「ちゃんと使えるシンプルな戦略だ!」と日々提唱中。 詳細  >>